トールペイントのニスの種類は?どれをつかったら良いの?

あなたは、
「トールペイントのニスの種類が知りたい!
どれを使ったら良いの?」

とお悩みではないですか?

そんなあなたに、今回の記事では、
ニスの種類や、どのニスを使ったら良いのか?

について、詳しくお伝えしていきますね。

家のに飾る作品か、に飾る作品かの違いでも、
おすすめのニスは変わってくるんですよ(^^♪

ぜひ、参考にされてみてくださいね。

トールペイントのニスの種類は?おすすめの種類はこれ!

トールペイントのニスの種類は、大きく分けて、
油性ニス水性ニスがあります。

ほとんどの(トールペイント用アクリル絵の具で作られる)作品は、水性ニスを使うことが多いので、
今回はそちらについてお伝えしていきますね。

さて、トールペイント用の水性ニスですが、こちらは、

●マット(つや消し)
●サテン(半つや)
●グロス(つや出し)

の3種類に分けられます。

この中で、あなたが初心者の場合は、
グロス(つや出し)のニスをおすすめします。

グロスは、(つや出しという名の通り、笑)作品につやが出るので、見栄えがよくなります。

(マットは、つやが無いので、シックなイメージになります。)

慣れてきたら、他の「マット」や「サテン」も使ってみて、作品のイメージに合わせて選ぶのも楽しいと思いますよ☆

トールペイントのニスのおすすめのメーカーは?違いはあるの?

また、今、日本で買える、トールペイントに使うニスの、代表的なメーカーは、以下の3つです。

●アシーナ
●ジョーソニア
●パジコ

これらのメーカーが出しているニスで
先ほどお伝えした、グロスタイプのニスは、以下の商品になります。

●アシーナ BB マルチクラフトバーニッシュ グロス

●ジョーソニア ポリウレタングロスニス

●パジコ ウルトラバーニッシュ スーパーグロス

この中で、私が過去に使ったことがあるのは、
アシーナジョーソニアのものです。

この2つは使いやすかったですし、
時間がたってトールペイント作品が黄ばむこともなかったですし、
レビューの評価も高めです。

トールペイント作家さんも、この2つを使っているかたが多いですね。

ただ、この2つのうち、どちらが良いかというと、
正直、使いやすさ、品質の面でも、そこまで違いはありません

「じゃあ、結局、どれを使ったいいの?」
と思われましたか?

今から、パパッとお伝えしますね(笑)

私は、普段の作品(家の中に飾る)には、先ほど紹介した中の1つ、
アシーナの、BB マルチクラフトバーニッシュ(グロス)を使っています。

このニスは日本製で品質も良いですし、
使ってみて、嫌な点もありませんでした。

また、現在、他のニスより手に入りやすい(取り扱ってる店が多い)のでおすすめです。

(前は、ジョーソニアのニスを使っていましたが、
こちらは、最近、取り扱ってる店舗が減ったように感じます。)

外に飾る作品に使うおすすめのニスは?

また、家の中に置く作品ではなく、
(玄関先など)に飾る作品を作る時には、

BB ポリウレタンバーニッシュ(グロス)がおすすめです。

外に飾る作品は、雨や太陽光が当たって、劣化が早く進みやすくなります。

こちらは、普通のニスより、強固な仕上がりになるため、外に出す作品に合っています。

ただ、やはり(多少の劣化は避けられないので)、作品は、“外”でも、雨や日光が当たりにくい場所に飾ったほうが良いでしょう。

まとめ

あなたも、最初は、
道具を揃えるのも不安で、迷われるかもしれませんね。

今回の記事を参考にされてみて、慣れてきたら、
他の種類のニスも、試してみてはいかがでしょうか?

そのうち、道具選びも、楽しくなってくると思いますよ(^^♪

では、今回のメール講座は以上になります。

次ページ「トールペイントのキホンはこれ!」へ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

トールペイントで、
世界をあったかい気持ちで満たしたい。

ゆう工房ユウ

●道具の使い方から描き方まで分かるサイト
https://tole-painting.net/

●予約販売で、道具が5%~15%OFF
https://www.tolepainting.net/

ゆう工房 ホームページ

(↓登録して頂くと、
このブログの内容が自動で配信されます)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする