PR

トールペイントのニスの種類は?どれをつかったら良いの?


あなたは、
「トールペイントのニスの種類が知りたい!
どれを使ったら良いの?」

とお悩みではないですか?


そんなあなたに、今回の記事では、
ニスの種類や、どのニスを使ったら良いのか?
について、詳しくお伝えしていきますね。


家のに飾る作品か、に飾る作品かの違いでも、
おすすめのニスは変わってくるんですよ(^^♪

ぜひ、参考にされてみてくださいね。

トールペイントのニスの種類は?おすすめの種類はこれ!

トールペイントのニスの種類は、大きく分けて、
油性ニス水性ニスがあります。


ほとんどの(トールペイント用アクリル絵の具で作られる)作品は、水性ニスを使うことが多いので、
今回はそちらについてお伝えしていきますね。


さて、トールペイント用の水性ニスですが、こちらは、

●マット(つや消し)

●サテン(半つや)

●グロス(つや出し)

の3種類に分けられます。


この中で、あなたが初心者の場合は、
グロス(つや出し)のニスをおすすめします。

グロスは、つや出しという名の通り、作品につやが出るので見栄えがよくなります。

(マットは、つやが無いので、シックなイメージになります。)


(もし慣れてきたら、「マット」や「サテン」も使ってみて、作品のイメージに合わせて選ぶのも楽しいと思いますよ☆)

トールペイントのニスのおすすめのメーカーは?違いはあるの?

また、今、日本で買える、トールペイントに使うニスの、代表的なメーカーは、以下の3つです。

●アシーナ

●ジョーソニア

●パジコ

これらのメーカーが出しているニスで
先ほどお伝えした、グロスタイプのニスは、以下の商品になります。

●アシーナ BB マルチクラフトバーニッシュ グロス

●ジョーソニア ポリウレタングロスニス

●パジコ ウルトラバーニッシュ スーパーグロス


この中で、私が過去に使ったことがあるのは、
アシーナジョーソニアのものです。


この2つは使いやすかったですし、
時間がたってトールペイント作品が黄ばむこともなかったし、レビューの評価も高めです。

トールペイント作家さんも、この2つを使っているかたが多いですね。


ただ、この2つのうち、どちらが良いかというと、
使いやすさ、品質の面でも、
正直、そこまで違いはありません

手に入りやすい方を選ぶと良いですね。

屋外に飾る作品に使うおすすめのニスは?

また、家の中に置く作品ではなく、
(玄関先など)に飾る作品を作る時には、

BB ポリウレタンバーニッシュ グロスというニスが便利です。

外に飾る作品は、雨や太陽光が当たって、劣化が早く進みやすくなります。

こちらは、普通のニスより、強固な仕上がりになるため、外に出す作品に合っています。


ただ、やはり(多少の劣化は避けられないので)、作品をに飾る時には、
雨や日光が当たりにくい場所に飾ったほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、ニスの種類や、おすすめのニスについて紹介しましたが、いかがでしたか?


あなたが、トールペイントを始めたばかりであれば、
ニスを含め、道具を揃える時に、
「どれが本当に良いんだろう?」と不安に感じているかもしれませんね。


特に、ニスは、作品の仕上げに使うものですから、選ぶ時には慎重になると思います。


私の1番のおすすめのニスの選び方は、この記事を参考にした後、

ある程度使ってみて慣れて来たら、作品のイメージに合わせて、他の色々な種類のニス(マットやサテンなど)も試してみるです。


描きながら、色んな道具を使ってみるのも、トールペイントの醍醐味ですね。


色々試してみて、「これ、すごくしっくり来るな」とか、逆に「これ、合わないな」とか、そういう過程も楽しいですし、

そうする事で、あなたの描き方や作風に、よりしっくり来るものが見つかると思いますよ♪


そのうち、道具選びも、楽しくなってきたら、しめたもんですね(^o^)


トライ&エラー(試行錯誤)は、
トールペイントを極めるためにも、楽しむためにも、すごく大事だと感じるので、ぜひ、色々挑戦してみて下さいね^_^



ではでは、今回の内容は以上になります☆



次ページ「トールペイントのキホンはこれ!」へ